妊娠したら誰しも通る「つわり」と便秘。快適に過ごすには!?

妊娠初期にありがちな2大お悩み

妊娠おめでとうございます♪

これからは、楽しい事ばっかりですしこれまでとは行ける所もすごく広くなって

行動範囲も広がりますね!

しかし・・・いまから産むまでにはちいさい不調が沢山起こります・・・。

妊娠が解った時にはすでにつわりが始まっている人も居るでしょうし、

妊娠が解る前からの便秘に悩まされている人もいるかと思います。

しかし、妊娠したらこれまでの便秘に更に輪をかけた便秘に悩まされます。

ここでは妊娠時にありがちな2大お悩みを解決の糸口をご紹介していきますので参考にしてみて下さいね!

 

妊娠したらどうしてつわりが出るの?


s_79_3.jpg

妊娠したらホルモンがこれまでとは変わるので、つわりになると言われています。

ですが、これまでに出たことのないホルモンが出る訳ではなく、

いつもなら排卵から生理までの間に出るホルモンが出続ける為にホルモンのバランスがうまく取れないのです。

排卵から生理までのホルモンは、妊娠に必要な栄養を溜め込むホルモンなので

いつもその時期に便秘になっている人はそういう理由で便秘になります。

そして、体の中の異物(胎児)を体が拒絶してつわりになるとも言われています。

人間の体は異物が入り込んだら出そうと働いてしまいます。

とげが刺さっても自然に出るのはそのせいです。これによってつわりで異物を出そうとしてしまうのです。

妊娠初期に流産になるのが多いのも、胎児だけの理由でないのはこういう理由もあります。

そのつわりを乗り越えた後は、丈夫な赤ちゃんが生まれてきますよ♪

 

妊娠したらどうして便秘になるの?


妊娠したら便秘に悩まされる妊婦さんがとても多いのです。

それはホルモンが体内の栄養素を逃がさないように、蓄積しようとするからです。

よりによって何故便も・・・。と思いますが、同時にむくみがはげしくなるのも同じような理由です。

とにかく栄養を胎児に渡す為に溜め込もうとしてしまいます。

しかし、便秘になりすぎるのも困り物で、赤ちゃんを便が圧迫してしまいますから

もちろん便秘を放置するのはダメです。

といっても自分で飲んでいた便秘薬を飲むのもだめです。

病院で相談して、大腸をしげきせずに便を出す便に水分を含ませる便秘の薬を出して貰いましょう。

薬を飲むときは便秘薬に限らず、全て病院に相談する事です。

 

つわりのここまではOKの線引き


s_35_2.jpg

つわりで「こんなに苦しいのか・・・!」と思うこともあるかと思います。

吐き気、嘔吐、食欲不振など・・・・しかし胎児はまだ小さいので

つわりのうちは勝手にお母さんの栄養を取って生きられます。

もっというと羊水の栄養だけで大丈夫なので、無理して赤ちゃんの分まで食べる必要はありません。

しかし5日全く食べれなかったという場合は、病院に相談してみてくださいね。

栄養剤の点滴などをしてくれます。

2.3日は胎児は全然大丈夫ですがお母さんのほうがちょっと無理というならそこで病院に電話して

指示を仰ぎましょう。

 

便秘のここまではOKの線引き


便秘で1週間出てない!という場合は、病院に相談してみましょう。

すぐに便を柔らかくしてくれる薬をもらえます。

下手に便が溜まりすぎてしまうと、胎児を圧迫してしまうので

あまりなやまずに相談する事です。

特につわり中は便秘も酷いので初期の時に相談しておくといざという時に助かりますよ。

 

つわりと便秘が激しいのは・・・・



つわりと便秘が激しいのも大体妊娠中期までです。

それ以降は自分がもともと便秘だった人を除くと大抵元通りです。

けれどそれと入れ替わりに今度はおなかが大きくなってきて、動くのが大変です!

眠るのも大変なので、出来るなら妊婦さん用のだきまくらを購入し、抱きかかえて横になって眠るようにすると

つわり中でも比較的よく眠れますよ。

妊娠中の頭痛などのつわりは妊娠後期まで続くこともありますが、殆どのつわりは中期になると収まります。

 

つわりはその時だけでも便秘は一生


実は妊娠中に母体が便秘であると、出産時に赤ちゃんが菌に移りやすくなってしまいます。

つわりは、妊娠中だけでも便秘は一生つきまとうものなので

つわりを機に自分の腸内環境を整えて便秘を見直してみましょう!
 

便秘にいい栄養


s_88_13.jpg

妊娠時に必要な栄養素は葉酸といわれますが、実はその他の栄養素もバランスよく取らなければいけません。

そして、便秘にいい栄養もバランスの良い食生活です。

特に便秘にいい栄養素は

1.乳酸菌

2.発酵食品

3.食物繊維


です。

乳酸菌はヨーグルトなどに入っており、発酵食品はチーズなどです。

そして食物繊維はもちろん野菜です。

妊娠中でもつわり中でも食べて欲しい栄養素なので意識して取り入れましょう。

また便秘の時もそうですが、妊娠中も水分が必要です。

つわり中でも1日2リットルを意識して飲むようにしましょうね。
 

妊娠中にもOKの便秘解消栄養補助食品


妊娠中でも大丈夫な、栄養バランス豊富な栄養補助食品で便秘を解消するのもおすすめです。

私のおすすめは「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」です。

青汁なのに抹茶羊羹のような味わいで、つわりの辛い時にも

乳酸菌・醗酵エキス・野菜エキス・食物繊維が取れるので簡単に便秘を解消してくれますよ。